長期休暇の放課後等デイサービスを利用したい

Posted by admin | 未分類 | 金曜日 7 11月 2014 6:57 PM

「放課後等デイサービス」とかかれている施設をよく見かけるようになりました。

放課後や長期休暇の際に利用できるというのは、共働きの家庭が増えている現代ではとても助かるサービスですね。

特に冬休みなどの長期休暇になると、お子さんをおじいちゃんおばあちゃんに預けたり、仕事を休まないといけないなど、普段よりもご両親にかかる負担は大きくなります。そんな時に利用できるというのは大きなメリットになります。

長期休暇前になると放課後等デイサービスへの利用の問い合わせが増えてきます。
利用しようとしている考えている方が多ければ、いざ利用しようとしたときに予約でいっぱいで利用できないなんてこともあるかもしれません。

また、長期休暇に入ってすぐに放課後等デイサービスを利用すると、いきなり慣れない環境になるためお子様の負担にもなりかねません。

そこで長期休暇に入る前から利用を始めてみるのもいいのでは思います。

少しずつ環境に慣れていくことでお子様にかかる負担も軽くなりますし、お友達も増えて放課後等デイサービスに行くのが楽しみになるのではないでしょうか?
それに長期休暇に入る前に利用してみることで、お子様に合うかどうかの判断にもなります。

放課後等デイサービスの中には、既存の利用者が優先的に長期休暇中の利用の予約を受け付けてくれるところもあるようですし。

あとは、放課後等デイサービスを利用する際に必要となる受給者証を持っているか持っていないかで、利用までにかかる時間が変わってきますね。

受給者証を持っている場合は、決められた日数分は予約が空いていればいつでも利用が可能です。

しかし、受給者証を持っていない場合、受給者証の発行までに時間がかかってしまう可能性があります。

1、受給者証の発行希望の場合、相談員がついていない児童に関しては、相談員がついていることが必須になります。
※お住まいの市役所等の福祉課などで、相談員の先生の一覧をもらえるようです。

2、受給者証の発行は、相談員の先生の支援計画の提出と申請をおこない、受理されることで発行されます。

このような手順があるため、受給者証の発行には時間がかかってしまう可能性があるのです。

特に長期休暇前になると、相談員の先生にも問い合わせが増えてくる可能性もあります。

なので、受給者証がなく相談員の先生もついていないという方は早めに問い合わせをおこなった方が、利用までスムーズにいくのではないかと思います。

長期休暇に向けて安心してスムーズに利用できるようにするために、今のうちから利用する放課後等デイサービスを決めていきましょう!受給者証をお持ちでない場合は、発行手続きをおこないましょう!

岐阜・本巣・瑞穂でおすすめの放課後等デイサービス ひまわり

http://himawari.link/

訪問マッサージの可能性

Posted by admin | 未分類 | 金曜日 23 5月 2014 9:48 PM

治療院のホームページの作り方をお伝えしていますが、
私の友人に訪問専門のサービスをやっている治療家の先生がいます。

訪問専門というのは、訪問マッサージや訪問鍼灸というサービスのようです。
歩行困難な方や、通院困難な方を対象にしたサービスです。

医療保険を使って行うサービスなので、ふつうなら、300円から500円程度
で利用ができます。 1割負担の場合ですが・・

また、医療で行うということなので、その方が医療として、マッサージや鍼灸がひつようであると
医師がみとめないとうけることができません。

どういう方が、対象になるのかというと、脳梗塞の後遺症であるとかパーキンソン病であるとか、
関節リウマチ、さまさまな病気の方が対象となります。

どんなことをやるのかというと、筋肉や関節が硬くなってしまった人に対して、
マッサージ鍼灸を使って、ほぐすということをします。

その次に、関節可動域訓練というリハビリをおこないます。これは、動かない関節や、
動きにくくなった関節を他動的、もしくは自動運動として行います。

このように関節を動かしてあげないと、関節は固まっていきます。
これを拘縮といいます。拘縮になってしまうとなかなかもとにはもどりません。

拘縮で困ってしまう事は、関節が固まってしまうと、関節を動かすときに痛みをともなうようになります。
痛みが伴えば、ますます関節を動かそうとはしなくなります。

その結果、さらに、関節は固まっていくという悪循環がすすむようになります。
これも問題です。

また、介護をうけているのであれば、介護にも支障をきたすようになります。
たとえば、おむつ交換があります。

関節が固まってしまうと、おむつ交換も大変になります。
本人もつらいですし、介護する方も大変になってしまいます。

このようなことから、対象となるかたは、リハビリが必要である方、通院が困難であって
マッサージや鍼灸をすることでなんらかの効果が望める方が大将となるようです。

一度、このサービスも検討してみるといいと思います、

訪問介護のヘルパーに聞いた訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

岐阜市の接骨院と整体の違い。

Posted by admin | 未分類 | 月曜日 28 4月 2014 5:07 PM

岐阜市の友達と話をしていたときのことです。
接骨院と整体って何が違うの?同じものでしょ?という話になりました。
接骨院と整骨院は名称の違いなだけで実は一緒なのです。あまり知られてはいないようですが・・・。
しかし、接骨院(整骨院)と整体とは全く違うのです。
皆さんは何が違うと思いますか?
簡単に説明すると、接骨院の先生になる為には「柔道整復師」という免許をとらなければいけません。これは国家資格となります。国家資格ということを知らない方が多いんですよ。
なので、接骨院では病院と同じように健康保険が使えるんですよ。
まあ保険を使おうと思うと条件があります。
保険の適用となるのは、骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの急性期の怪我が対象となります。
骨折や脱臼は医師の許可が必要となりますが応急処置は特に許可はいらないようです。
病院や整形外科だと痛みを我慢しながら長い間待たされてしまうことがあるかもしれないので、骨折や脱臼をしてしまったら、一度接骨院で応急処置をうけてから病院を受診してもいいですね。
一つ注意しなければいけないことは、接骨院では慢性的な痛みは保険が適用されないということです。
なので、肩こりがつらいなどではかかることができないんですよ。
接骨院にかかるときは、朝起きた時に急に痛くなった・重たいものを持ったときに痛みが出たなど「何をしていて痛みが出たのか?」と伝える必要がありますね。
一方、整体は特に免許制度がなく民間の資格となります。
そのため、保険は適用されません。料金も自費になるためお店によっては4000円とか5000円とかかかるかもしれませんね。
肩こりなどで慢性的なコリで悩んでいる人は整体を利用してみるのもいいかもしれませんね。
僕は痛みを治療してもらうなら国家資格を持っている先生にしっかり診てもらいたいですね。
自分でも気づいていない悪いところも見つけてくれそうな気もしますし。
続けて通うにしても1回4・5000円もかかると続けることもできないし。

岐阜市で痛みの治療をするなら、田原接骨鍼灸院!

http://www.bo-ne.com/

検索キーワード

Posted by admin | 集客 | 月曜日 3 3月 2014 8:02 AM
どのお店にもホームページを作る意味があります。ホームページに掲載する主役となるものがあるからです。その主役となるものを見やすいように作られているかなど、ホームページを作るうえで色々と気をつける必要があると思います。今、たくさんの治療院ができています。どの治療院がいいのか選ぶほうも大変です。その数ある治療院の中からホームページを見て目をひくものや、魅力あるものに目がいきますので、自分のホームページが数ある治療院の中から、より多くの方に見てもらえるか考えてホームページを作らないといけませんね。ただホームページを作るだけではダメです。またホームページを作るうえで重要なのが検索エンジン対策です!自分の治療院の売りはなんですか?ホームページを作るときに重要なキーワードを入れ込むのは大事です。かといってたくさんのキーワードを入れ込むと、どれが本当に重要なキーワードか分からなくなり、検索結果に引っ掛からない可能性があるからだそうです。何でもかんでもホームページにキーワードを埋め込むのも逆効果になるので気をつけましょう。

どうせ作るなら

Posted by admin | 製作法 | 月曜日 3 2月 2014 8:21 AM
ホームページって きれいな見やすいホームページと、雑なチープなホームページなど色々ありますね。手作りだとどうしても アットホームっていうよりチープさが全面的に出ている感じがします。経費削減に媒体を削りますが、ホームページ フリーペーパー掲載 名刺などはやはり、プロにたのんで作る事が望ましいですね。店の顔ですからね。ケチらないでほしいものです。ホームページに見合う仕事をするように努力すればいいんです。職業によってデザインは変わりますが、あまりにもかけ離れず見た人が混乱しないようにしないとですね。治療院などは 内容にもよりますし、ターゲット層にもよりますからちゃんとかんがえてから作るといいかもしれませんね。見やすいのは当たり前ですが、気持ちが 入りすぎてしまうと引いてしまいがちです。

制作会社に依頼する

Posted by admin | 製作法 | 水曜日 15 1月 2014 6:06 PM
治療院のホームページは作り方しだい、つまりPR方法で患者様数が決まると言っても過言ではありませんよ!!ホームページの良いところは、より多くの人に治療院の宣伝をすることができますからね。ホームページは見やすさが大事だと思います。また清潔感も大事ですよね。ホームページも自分で作る方もいますし、作るのが苦手・面倒だという方にはホームページを作る専門の会社…制作会社にお願いしても良いですよね。ただ制作会社に依頼して、出来上がりが残念な結果にならないためにも、いくつか好みのサイトをピックアップして「こんな感じで」と伝えるとイメージに近いものが出来上がりやすくなると思います。ホームページは治療院の顔になります。ホームページを制作会社に依頼するのであれば、あなたの満足のいくホームページを作ってくれる会社を見つけてください。

治療院らしいホームページ

Posted by admin | 良いHP悪いHP | 土曜日 5 10月 2013 9:00 AM

治療院のホームページはシンプルなものが比較的多いです。清潔感もあり印象も良いですからね!ホームページを作る上で、治療院が抱えがちな悩みというのは、みなさん同じで、ホームページを作っても効果がないとかリピーターが増えない、文章のかきかたはどうしたらいいのか?写真のつかいかた、または構成が分からないなどが様々な問題が挙げられます。また「人は見た目が9割」と聞いたことはありませんか?治療院のホームページにも同じことが言えると思います。誰でもキレイなものには惹かれるんですよね!反対に印象が悪く信用できそうにないホームページは二度と見てくれません。治療院のホームページは信頼と安心、誠実と清潔感のイメージを大切にして治療院らしいホームページを作ってみましょう。

SEO対策

Posted by admin | 製作法 | 木曜日 18 7月 2013 11:17 AM

SEO対策ってよく聞きますが、調べてみたら「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」というものらしいです。ここでいう最適化とは、簡単にいうと検索エンジンにひっかかりやすくすることと、特定のキーワードで検索した際に自分のページがなるべく検索結果の上位に表示されるようにすることを言う。確かに一ページ目に出たサイトを見てしまいますもんね。二ページ目を見る時は、一ページ目で思うようなものではなかった場合、次ページに飛びます。Yahoo!やgoogleなどの検索エンジンを使うことで、目的の情報を探そうとしますよね。しかし一般的なキーワードで検索を行った場合には大量のページが検索結果に表示されてしまうため、その中でもなるべく上位に表示されなければ、その検索結果からのアクセスは期待できないのです。そう思うと対策は必要かもしれませんが。見てもらえても記憶に残らないホームページだといけないので、工夫必要かもしれませんね。

リピーター

Posted by admin | 良いHP悪いHP | 金曜日 7 6月 2013 9:00 AM

ホームページを作り、訪問者を増やすようにリンク貼ったり貼ってもらったり。ただ訪問者リピートがいるかと思えば、意外にいません。興味を引くような記事書き方。書体やカラーなど。定期的に同じ訪問者が訪れる事がいいそうです。気になるから訪れる。そ人がお客様になってくれるかもしれないですよね。今はブログよりもFacebookなど方に力入れてる方もいます。より沢山方が見てくれる、定期的に発信すればみんな見てくれる、など思うことでしょう。しかし私は一度入ったも、意外に要らない記事が入ってきて面倒くさかったし、勝手にタグづけされて、最低!って思ったで退会しました。プライバシーなし。そんなサイトがいいんですね。みなさんは。そういうしか選択はないでしょうか。

ホームページの価値とは?

Posted by admin | 治療院HPの実際 | 水曜日 8 5月 2013 9:00 AM

ホームページを作ったまま…ほったらかしにしたままにしていたら、ホームページ価値が下がってしまいます。ホームページ存在価値って、どれだけ人に見てもらえるかが大事なんですよね。治療宣伝方法は様々です。新聞・雑誌・チラシ、それにインターネットが加わって、今や情報はあふれかえっています。もっとも情報が伝わりやすいホームページは重要ですよね!ただホームページでも怪しいもあります。だから逆に発信側が、誠実さがちゃんと伝わるホームページを作らなければなりません。治療ホームページなら居心地良さをアピールをする。行ってみたい施術を受けてみたいと思ってもらうことが大事です。安心と信頼できるホームページです。またホームページを見慣れない高齢者ためにも見やすいホームページを作って下さい。

次ページへ »